まよた先生の雑学教室
゚・*:.。.☆毎週日曜日に更新しています☆.。.:*・゚
幸せな心

【家族】かしこい子の親は宿題を食卓でやらせる!?『パパ』

子どもには、やんちゃな子おしとやかな子勉強好きな子、そして、外で走り回るのが好きな子など、さまざまなタイプがいます。

それぞれに良さがあるのに、親のエゴで「いい子」「理想の子」に仕立て上げると、どこかで無理が生じてしまいます

とはいえ、子どもはとかく遊びに目を奪われがちなので、学ぶべきところはきちんと学ばせるようにしなければなりません。

まよた
まよた
そこで、パパの出番です!

結論から言います!

子どもに勉強を好きになってもらうためには、食卓で宿題をさせてください

こんたろう
こんたろう
学習机じゃないの!?
まよた
まよた
学習机は必要ありません!
さらに、子ども部屋も必要ありません!

なぜ、食卓で宿題をした方がいいのか、詳しく解説していきますので、子育て世代の参考になれば嬉しいです。

こちらも併せて読んでみたい!

それでは、いきましょう!

学ぶことの楽しさを教えられる

机の前に座る習慣をつけるのはです。

勉強は、分かるようになると面白く、分からなくなると途端につまらなくなるもの

こんたろう
こんたろう
格言っぽいのでた!

立派な学習机を購入し、小学校入学とともに子ども部屋を作って安心していても、子どもはどうしていいかわからず、つまづいてしまうものです。

机の前に座る習慣をつけるのはです。

学び方学ぶことの楽しさを教えるのも親の役目です。

まよた
まよた
予習、復習、それに学校の宿題を、まず親が手ほどきするところからスタートさせてください!

子ども部屋はスマートが鉄則

自宅で勉強する習慣がついていない子どもを、自分の部屋にこもらせてはいけません

子どもを伸ばすには、机や本棚、ベッドにテレビなど、いろいろなものを買い揃えて子どもの要塞を用意するのではなく、常に家族の気配が感じられるように、そして自分の部屋に閉じこもらないようにすることが大切です。

こんたろう
こんたろう
インテリアからプロデュースすることが父親の仕事ってこと?
まよた
まよた
そう!
子どもと接する時間は圧倒的に母親のほうが多いですが、父親は子どもが学びやすい環境を作り、プロデュースすることが仕事です!

『頭のよい子が育つ家』(日経BP社)の著者、四十万 靖(しじま やすし)によると、

○小学生ともなれば、ちゃんとした子ども部屋が必要だという概念は捨てる
本棚食卓のそばリビングに置く
パソコンコーナーリビングに設ける
○すでに子ども部屋があり机などが完備されていても、そこは寝室として利用する程度にする
○子ども部屋にカギはもちろん、ドアもつけない、いつも親の気配が感じられるようにしておく
○子ども部屋を設けるなら狭い部屋にするか、テレビやパソコンなどを置かないなど、子どもがそこに長時間いないような工夫をする
…etc

これが、私の印象に残った「頭のよくなる家」の概要です。

特に衝撃だったことは、部屋のドアをはずすことです。

こんたろう
こんたろう
そこまでやっちゃうんだ!?
まよた
まよた
思春期で部屋のドアをバンッと閉める心配もゼロです。

\令和でも役立つ情報がココにある!/

まとめ!勉強は親の目が行き届く食卓かリビングで決まり!

以上っ!まとめます!

食卓で勉強させるメリットは以下のとおり!

1、学び方、学ぶことの楽しさを教えられる
2、机の前に座る習慣をつけられる

こんたろう
こんたろう
家族が集まって話しやすい場所だもんね!

子ども部屋のアドバイスは以下のとおり!

1、小学生ともなれば、ちゃんとした子ども部屋が必要だという概念は捨てる
2、本棚食卓のそばリビングに置く
3、パソコンコーナーリビングに設ける
4、すでに子ども部屋があり机などが完備されていても、そこは寝室として利用する程度にする
5、子ども部屋にカギはもちろん、ドアもつけない、いつも親の気配が感じられるようにしておく
6、子ども部屋を設けるなら狭い部屋にするか、テレビやパソコンなどを置かないなど、子どもがそこに長時間いないような工夫をする

こんたろう
こんたろう
遊びも楽しいけど、勉強だって結構楽しいと思わせるのは、パパさんのプロデュース次第!

個人的には、子どもに良い高校、良い大学に入ってもらいたい気持ちはありますが、「いつも親の気配を感じられる」そんな家庭にしていきたいと思います。

まだ先のことですが、備えあれば憂いなしですよね!

まよた
まよた
以上っ!まよたでした✨

twitterでも情報を発信中です!
ぜひフォローしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です