まよた先生の雑学教室
゚・*:.。.☆毎週日曜日に更新しています☆.。.:*・゚
お金の使い方・付き合い方

【お金】おこづかい帳の本当の目的『増やす力』

おこづかい帳の目的は記録ではない

こんたろう
こんたろう
えっ!?違うの?

おこづかい帳(家計簿)をつけているだけでも、十分スゴいです。

まよた
まよた
ただ、真の目的がわかれば、さらにgood!

○漠然とおこづかい帳をつけている
○なかなかお金が貯まらない
○楽しく増やす方法を知りたい!

まよた
まよた
まよたです!
この記事では、こんなお悩みを解決していくよ!

結論から言います!

おこづかい帳とは、「経費の考え方」を知り、「予算の立て方」を覚えることです!

こんたろう
こんたろう
わかりそうで、わからない…

難しく考えなくても大丈夫!
今回はおこづかい帳のスゴさをご紹介いたします!

子どもの時に親に言われて仕方なくつけていた方もいると思います。

今でもなんとなくつけている方は意外と多いのではないでしょうか。

ただ、惰性でつけているのはもったいないです。

しっかり有効活用して、楽しく増やしていきましょう!

まよた
まよた
お子さんがいるご家庭は必見ですよ!

おこづかい帳の目的は記録ではない

「管理力」を育てるものがおこづかい帳です。

消しゴムやノートなどの学校で使うものや勉強に関するものは、おこづかいとは別に親が支払う、としている家庭も多いようですが、これも自分のおこづかいから支払わせるほうが良いです。

「消費=すぐ、必ず必要となるお金」は会社で言えば「経費」にあたる支出

まよた
まよた
自分が支払うことで、今の自分の生活に「経費」がどれくらいかかっているのか、生きていくうえで必ず「経費」がかかることを学べます!

家計簿の場合は、

○家賃
○光熱費
○食費
○水道代
○最低限の衣料代 …etc

これが、消費にあたる項目となります。

こんたろう
こんたろう
まずは、己を知る!ってことか!

「予算」を記入する

使ったお金を記録するだけでは意味がありません。

おこづかいを貰ったら予算を立てる!
ここがポイントです!

立てた予算を明確にしておき、実際に使ったお金との差を見て、「改善ポイントはないかな?」と考えるためのツールにするということです!

まよた
まよた
これは家計簿でも同じ!
おこづかい帳のつけ方

1 貰ったお金を分類して、予算を立てる
2 立てた予算の額を記入する
実際に使った金額を記録する
4 次のお小遣いを貰う前に、予算と支出の差額を記入する
5 マイナスが出ていたらその原因を、プラスが出ていたらその理由を考えて、メモしておく!
6 プラスが出たら、そのお金を繰越金として手元に置いておくか、銀行に預けるか、考える!

まよた
まよた
特に大切なのが、5の「原因や理由」を考えること!
自分の人生を豊かにするのは、考えるクセがあるかどうかです!

おこづかい帳をつける目的は、「経費の考え方」を知り、「予算の立て方」を覚えること。

さらに、「自分のお金の使い方の弱点と強み」を知ることにあります。

「成果を見える化」すれば楽しく続けられる

自分の暮らしに、いくら必要なのか、いくらあったら余裕のある生活が送れるのかを考えたら、それに向かって計画するだけです。

成果が目に見えてカタチになれば「やる気UP、モチベーション上昇」と未来のイメージが湧きやすくなります。

まとめ!おこづかい帳で人生は変わる

以上っ!まとめます。

おこづかい帳のスゴさは以下のとおり!

①お金の「管理力」が鍛えられる!
②「経費の考え方」や「予算の立て方」が学べる!
③将来のビジョンがくっきり見える!

こんたろう
こんたろう
おこづかい帳ってスゴいね!

おこづかい帳で大きな夢を抱いて頑張る子が増えたら幸いです。

「少年よ、大志を抱け」精神です!

ここで、クラーク博士の有名な言葉のあとに続く言葉をご紹介します。

少年よ、大志を抱け
お金のためでなく
私利私欲のためでもなく
名声という、むなしいもののためでなく
人が人としてあるべき道をまっとうするために
大きな志を抱きなさい

夢も野心も、自分のためだけではまだまだということです。

自分のためだけでなく、人の喜び人の幸せも一緒に考えられるように、一緒に頑張りましょう!

まよた
まよた
以上っ!まよたでした✨

twitterでも情報を発信中です!
ぜひフォローしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です