まよた先生の雑学教室
゚・*:.。.☆毎週日曜日に更新しています☆.。.:*・゚
幸せなからだ

【サウナ】効果的なサウナの入り方『注意点』

サウナに対して苦手意識を持っている人の多くは、「熱いだけで特に何も感じなかった。」という方が多いです。

しかし、「私にはサウナが向いてなかった」「縁がなかった」のではなく、

より効果的で気持ちの良い入り方を知らなかった

というだけです。

そこで今回は、効果的なサウナの入り方について解説いたします。

この記事のポイント

効果的なサウナの入り方が分かる!
①「サウナ⇒水風呂⇒外気浴」でワンセット
②サウナでの時間の過ごし方
③水風呂の楽しみ方
④外気浴は心ゆくまで楽しむ
⑤最後には水シャワーで〆る
⑥サウナでの注意点

これらについて、ご紹介します!

まよた
まよた
サウナ嫌いゼロを目標にします!

「サウナ⇒水風呂⇒外気浴」でワンセット

サウナに入るとは、

サウナ⇒水風呂⇒外気浴のセットを最低1度は経験すること

「サウナからの水風呂と外気浴がセットになる」というのが基本の考えです。

むしろ、サウナよりも外気浴の時間を味わい尽くすために、サウナと水風呂があると言っても過言ではありません。

NG行為
× サウナに入ったのに水風呂に入らない
× 水風呂に入ったらさっさと帰る

上記の行為は、何のためにサウナに入るのかが分からなくなるのでNGです。

時間がない場合は、
水風呂や外気浴をスキップせずに、「サウナ⇒水風呂⇒外気浴」のサイクル回数を減らしましょう。

おすすめの時間配分は、
サウナ:水風呂:外気浴です。

まよた
まよた
サウナのメインは外気浴です!

サウナでの時間の過ごし方

サウナを、「自分の内面と向き合う場」「外界の情報をシャットアウトする空間」ととらええると、サウナ内の環境も頭に入れないとのぼせてしまいます。

サウナの室内
上段=室温高い
下段=室温低い

サウナから出るほどではないけど少し苦しくなった場合は、下段に座ることで熱を緩和したり、時短したければ上段で一気に温まる使い方もあります。

退屈しのぎには最高のテレビですが、「答えはCMの後で」などと言われると、ついつい我慢してしまいます。

何か考え事に集中したい時や、ひとりになりたい時は、テレビのないサウナを選ぶといいです。

水風呂の楽しみ方

サウナで十分温まったら、今度は水風呂に入りましょう!

水風呂が苦手な方は多いです。
以前は僕も「冷たっ!」となるのが嫌で入れませんでした。

しかし、一度だまされたと思ってゆっくりと肩まで水風呂に浸かってください!!

しばらくすると、肌の近くがじんわり温かくなってくる感覚を味わえます!

この感覚が俗に言う「温度の羽衣」「天使の羽衣」と言われるソレです。

「温度の羽衣」「天使の羽衣」とは、
36℃以上ある自分の皮膚の表面温度と、17℃ほどの水との間に、その温度帯の中間層ができる現象のこと。

この層ができるまでには、30秒~1分はかかります。

「苦手だな」と思う方も、1分はぜひ入ってみてほしいです。

それでもダメな方には!

水風呂が冷たすぎる時の裏ワザ
水から両手を出す!
ちょうど手のひらを合わせて胸の前で合掌するようなイメージ

足の先や手の指先は、体の中で一番冷たさを敏感に感じる場所であり、18℃の水風呂も指先では16℃くらいに実際よりも冷たく感じてしまいます。

逆に手を水から出してあげることで、体感温度を2℃くらい上げることができます。

まよた
まよた
水風呂が冷たすぎて入るのを諦めそうなときは試してみてね!

外気浴は心ゆくまで楽しむ

水風呂の後は“なるはや”で外気浴に突入すべし!

外気浴とは
椅子に座ってボーっとする休憩の時間

この時間こそがサウナのメインです。

サウナで熱い思いをしたのも、水風呂で冷たい思いをしたのも、すべてはこの外気浴のための布石でしかありません!

外気浴の間に交感神経優位になっている体が副交感神経優位へとスイッチし、サウナの目的である「ととのう」という状態に導かれます。

目を閉じて座っていると、産毛の一本一本がピンッと立っていくような感覚があり、そこにさわやかなそよ風が吹くと最高に気持ちがいいです。

まよた
まよた
「女神の吐息を感じる」と表現します!
こんたろう
こんたろう
男湯だったら「カミサマ」っぽいけど…

最後には水シャワーで〆る

最後の水風呂から上がったら、水シャワーで〆ます。

サウナ⇒水風呂⇒外気浴
これはあくまで基本の流れですが、ある程度サウナに慣れてきたら、多少のアレンジも楽しんでほしいです。

例えば…

○最終セットに入る前に頭や身体を洗う
○先に湯船に浸かってからサウナに入る
○お風呂好きなら、間にお風呂を挟む etc…

ただ、最後の外気浴に入る前には、ぜひ、水シャワーで清めてほしいです。

「他の人も入った水風呂の水のままあがるのはちょっと…」という、やや潔癖気味な人も水シャワーならスッキリできるし、顔や頭のまわりをきちんとひやすことができるため、爽快感がグッとUPします。

サウナでの注意点

安全にサウナを楽しむために知っておくことがあります。

○こまめに十分な水分補給を行う。
○血圧の高い人、心臓疾患を抱えている人、運動を制限されている人、健康上の不安を感じる人は必ず医師に相談の上、入浴する。
我慢しない。「ツラい」「気持ち悪い」と感じたらすぐに出る。
お酒を飲んだ後や、飲みながらの入浴はしない。
長時間連続で入らないようにする。

まよた
まよた
安心・安全にサウナを楽しむためにも、上記に当てはまる場合は一旦サウナの利用を中止してくださいね。

サウナのもう一つの楽しみ方~番外編~

サウナあるところに名言あり!

まれに聖地と呼ばれる人里離れたところにある温泉宿には、浴場の壁に名言が書かれている事があります。

どんな名言に出会えるかも、サウナの楽しみ方のひとつです。

サウナはバランスに優れた最高のご褒美!悩みがない人も行く価値アリ!

以上、まとめます。

効果的なサウナの入り方は以下のとおり!

①「サウナ⇒水風呂⇒外気浴」でワンセット
②サウナでの時間の過ごし方
③水風呂の楽しみ方
④外気浴は心ゆくまで楽しむ
⑤最後には水シャワーで〆る
⑥サウナでの注意点

こんたろう
こんたろう
サウナは「走・攻・守」バランスの取れた優れもの!

もっと早くサウナの魅力を知っておけば良かった!という人も「今日が一番若い日」です!

今からでも遅くないですし、まずはサウナに足を運んでみてくださいね!

まよた
まよた
以上っ!まよたでした✨

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です