まよた先生の雑学教室
゚・*:.。.☆毎週日曜日に更新しています☆.。.:*・゚
お金の使い方・付き合い方

【お金】貯まらない人の特徴から学ぶ『貯める4つの秘訣を解説!』

まよた
まよた
突然だけど、こんたろうは目標を持って貯金してる?
こんたろう
こんたろう
貯金はしてるけど、明確な目標は持ってにゃいかも…。

老後資金や子供の教育費など大まかな目標は決めても、明確な金額や期限を決めて貯金をしている人は少ないのではないでしょうか。

お金が貯まらない人の特徴の一つに「明確な目標を持たずに貯金をする」があります。

そこで今回は、お金が貯まらない人の特徴とお金を貯めるための行動を解説します。

結論を簡単にまとめると、まよたが考えるおすすめの貯金方法とコツは以下の通りです。

おすすめの貯金方法とコツ

✅貯金方法
・なかったこと貯金(収入の一部を最初からないつもりで貯金)

✅貯金のコツ
・大きな目標と小さな目標を決める
・1ヶ月の支出を把握する

お金を貯めるためには、目標設定と支出の見直しが必須です。

まよた
まよた
ぜひ最後まで読んで、お金が貯まる人になりましょう^^

お金が貯まらない人に共通する4つの特徴

そもそもお金が貯まらない理由は非常に単純で、収入よりも支出が多いからです。

そのため、貯金をするには支出を減らして収入を増やすしかありません。

まよた
まよた
そしてお金が貯まらない人には共通の特徴があるのです^^
お金が貯まらない人に共通する4つの特徴

①目的や目標額を決めずに貯金をする
②収入を基準に生活をする
③自分の支出を把握していない
④モノを価値ではなく価格で判断している

特徴①:目的や目標額を決めずに貯金をする


1つ目の特徴は「目的や目標額を決めずに貯金をする」です。

人間は意志の弱い生き物であり、明確な目標を決めなければ継続できなかったり、途中で諦めてしまいます。

例えば目標なく毎月3万円を貯金しようと決心しても、途中で欲しいモノがあれば貯金よりも買い物を優先しがちです。

こんたろう
こんたろう
僕も、たまには良いかなって買っちゃうことあるにゃ…。

このように貯金をする目的や目標額が明確に決まらないと、お金は貯まりにくいのです。

特徴②:収入を基準に生活する

2つ目の特徴は「収入を基準に生活する」です。

皆さんの中にも、収入が上がったことを理由に、家賃の高い家に引っ越した経験がある人もいるのではないでしょうか。

収入に比例して生活費も一緒に上げてしまうと、効率よくお金は貯まりません。

また、生活水準を上げるのは簡単でも、下げるのは難しいです。

例えば、年収600万円の生活水準になった後に年収400万円まで下がっても、支出(生活費)を下げられる人は少ないでしょう。

まよた
まよた
もし支出が変わらずに収入が上がれば、貯金は自然と増えていくのはイメージしやすいですよね^^

実は生活費を上げない暮らしには様々なメリットがあります。

過去の記事でも解説しているので、参考にしてください。

特徴③:自分の支出を把握していない


3つ目の特徴は「自分の支出を把握していない」です。

貯金とは収入から支出を引いて残ったお金であるため、支出の把握は貯金をするうえで必須と言えます。

なぜなら、自分がどんなモノにいくら使っているかを把握しなければ、支出の見直しができないからです。

まよた
まよた
特に大きな固定費の見直しは支出を抑えるために絶大な効果を発揮します。

特徴④:モノを価値ではなく価格で判断している

4つ目の特徴は「モノを価値ではなく価格で判断している」です。

▼図解:モノの「価格」と「価値」の違い

支出を抑えようと、価格の安さを理由に買い物をする人も多いのではないでしょうか。

価格で判断しているダメな例

×バーゲンセールで80%割引だから安い

×軽自動車だから安い

×月々数百円だから安い

価格だけで買うか買わないかの判断をすると、必要なモノも不必要だと判断しかねません。

後ほどお金を貯めるためにすべき行動でも解説しますが、モノは価値で判断できるようになりましょう。

ちなみに、自己投資に関するお金は稼ぐ力にも大きく影響します。

「お金を貯める = 支出を減らす」となりがちですが、稼ぐ力を伸ばして収入を増やす重要性も忘れないでください。

お金を貯められる4つ行動


もしお金を貯めたければ、お金が貯まらない人の特徴と反対のことをすれば良いのです。

お金を貯めるためにすべき4つの行動

①目的や目標額を決める
②支出を把握して見直す
③収入よりも低い生活水準で暮らす
④収入を増やして節税をする

お金を貯めるためにすべきこと①:目的や目標額を決める

お金が貯まらない人の特徴でも解説したように、人間は意志の弱い生き物なので、漠然と貯金をしてもなかなか貯まりません。

例えば、なんとなくで100万円や200万円を貯金できたとします。

しかし目標がない状態だと、「何のためにお金を貯めているんだろう?少し貯まってるから使っちゃおう」となってしまうのです。

もしくは、目的のないお金が余っていると、優良な投資案件に見せかけた詐欺案件に騙されるきっかけになりかねません。

こんたろう
こんたろう
明確な目標って言われても、あんまり思いつかにゃいよ…。
まよた
まよた
そんな時は「タイムバケット」を作るのがおすすめだよ^^
ざっくりタイムバケットとは

5年や10年ごとに自分のやりたいことをバケツに書き出す

タイムバケットを作成し、どんな人生や生活を送りたいかを考えれば、具体的に必要な金額が分かります。

タイムバケットを作った後は、どうすれば理想の生活が達成できるのかを考えましょう。

ここで大切なのが大きな目標と小さな目標の両方を決めることです。

なぜなら、大きな目標だけだとゴールまでが果てしなく感じてツラくなり、小さな目標だけだと途中で気が抜けてしまうからです。

大きな目標と小さな目標をそれぞれ具体的に解説します。

大きな目標設定

例えば大きな目標を以下のように設定して、どうすれば達成できるかを考えてみましょう。

もし3,000万円を元本に税引前利回り4%で運用できれば、年間で120万円(= 月間10万円)の不労収入になります。

年間120万円の不労収入があれば、上記の大きな目標の生活の実現も夢ではありません。

まよた
まよた
でも、いきなり「3,000万円貯めてね」って言われたら、こんたろうはどう感じる?
こんたろう
こんたろう
心が折れて灰になっちゃう…。

3,000万円という金額を聞くと、多くの人は果てしない道のりだと感じてしまうでしょう。

しかし、お金に働いてもらえば3,000万円の貯金は決して難しいことではありません。

例えば、月5万円の積立投資を利回り4%で運用すると27年半で3,000万円になります。


出典:楽天証券-積立かんたんシミュレーション

「27年は長いよ…」と思う人は、利回りの高い運用や投資元本を増やせば目標達成までの期間を短くできます。

とはいえ、お金を増やすベースはコツコツ積み立てるのが基本です。

また実際には、増配などによってより短い期間で達成できる可能性もあります。

過去の動画でも、投資によるお金の増やし方を解説しているので参考にしてください。

まよた
まよた
大きな目標だけではツラくなってしまうので、次は小さな目標も確認してみましょう。

小さな目標設定

小さな目標とは以下のようなことです。

今回の記事は貯金がテーマなので、まずは生活防衛資金として100万円を貯めたり、毎月3万円を貯金したりが小さな目標設定としておすすめです。

小さな目標を一つずつ達成すれば、大きな目標に着実に近づけます。

まよた
まよた
こんたろうも小さな目標なら頑張れそうじゃない?
こんたろう
こんたろう
これなら僕でも頑張れそうにゃ!

お金を貯めるためにすべきこと②:支出を把握して見直す

支出と固定費把握の重要性

お金を貯めるためには、自分の支出を見直すことも大切です。

支出は、固定費と変動費の2種類に分けられます。

固定費と変動費

✅固定費
・家賃
・通信費
・保険代
・車両維持費
・水道光熱費

✅変動費
・食費
・交際費
・被服費
・雑費

こういった支出を1ヶ月分でも良いので、一度全て洗い出してみましょう。

お金を貯められない人は、毎月何にお金を使っているのか把握できていません。

こんたろう
こんたろう
どんな支出があるのか分からないと抑えようがないよね!

支出を抑えるため優先して欲しいのが大きな固定費の削減です。

小さな支出の見直しは効果が薄く、細かい節約は面倒で継続しにくいです。

効果が薄く細かい節約も確かに大切でしょう。

しかし、気持ちが貧しくなるような節約は人生が充実しないため、重点的に実践するのはおすすめしません。

こんたろう
こんたろう
安い食材やお店ばっかり選んでたら心が貧しくなっちゃいそう。
まよた
まよた
明らかに浪費し過ぎな人は抑えるべきだけどね^^

例えば、旦那さんの手取りが30万円、固定費が35万円の家庭を考えてみましょう。

このままだと5万円の赤字なので、奥さんも働いて補填しなければなりません。

しかし家賃や保険、携帯代などの大きな固定費を見直すと、以下の表のように5万円の赤字から5万円の黒字に反転するのです。

固定費 削減前 削減後
家賃(ローン) 9万円 7万円
保険 4万円 0.5万円
交通費 4万円 1万円
食費 6万円 6万円
水道光熱費 2万円 2万円
携帯代 2万円 0.5万円
被服費 2万円 2万円
美容衛生費 2万円 2万円
交際費 2万円 2万円
教育学費 2万円 2万円
合計 35万円(5万円赤字) 25万円(5万円黒字)
大きな固定費の具体的な見直し方

🏠家賃:家賃交渉する
🛡保険:不要な保険を解約する
📱携帯代:格安SIMを使う
🚙交通費:車を手放す

大きな固定費の見直しを一度行えば、効果が大きく持続します

それにも関わらず、生活の質に大きな変化はありません。

10万円分の固定費削減は、税金や社会保険を考慮すると13万円の給与アップと同じです。

まよた
まよた
ただし、何でも支出を下げれば良いワケではありません。

自己投資への支出は惜しまない

未来に繋がる自己投資へのお金は削減しないようにしましょう

削減してはいけない自己投資に関するお金

・書籍代
・仕事道具
・パソコンやスマホ

パソコンやスマホは、最高のスペックにする必要はありませんが、情報にアクセスするための大切なツールです。

今の時代、情報にアクセスできなけば周りとの差はドンドン広がります。

少なくともパソコンやスマホがボロボロで情報が得られない状態は絶対に避けましょう

さらに、価格ではなく価値で判断できるようになることも大切です。

価値で判断とは

✅価値があるモノには価格が高くても払う

✅価値のないモノには価格が安くても払わない

買い物をする時は価格を見がちですが、どれだけ安くても価値がないモノを買っていてはお金は貯まりません。

お金を使うときは「消費・浪費・投資」のどれに当てはまるのかを考えることが大切です。

ときには人生を豊かにする浪費も必要ですが、お金を貯めたければ金銭的な価値で判断できるようになりましょう

お金を貯めるためにすべきこと③:収入よりも低い生活水準で暮らす

お金を貯めるためには、収入よりも低い生活水準を維持するのが大切です。

例えば手取りが年間600万円の場合は400万円の生活水準、手取りが500万円の場合は350万円の生活水準といった感じです。

こんたろう
こんたろう
最初から収入の一部を無かったことにして貯金しておくんだにゃ!
まよた
まよた
iDeCoやつみたてNISAなどを毎月引き落とし設定して「なかったこと貯金」で投資を実践しています^^

多くの人は収入に比例して生活水準を上げてしまいます。

しかし、収入の分だけ支出を上げてしまっては、お金は貯まりません。

中には圧倒的に稼ぐ力があり、支出を気にしない人もいますが、非常に珍しいケースです。

まよた
まよた
収入に絶対的な自信がある人を除いて、生活水準を上げ過ぎるのはおすすめしません。

お金を貯めるためにすべきこと④:収入を増やして節税をする

収入を増やすといっても、給与所得を大きく増やすのは難しいです。

そのため、まよたは副業で事業所得を増やすのをおすすめします。

副業で事業所得を増やせると、以下のメリットがあります。

副業で事業所得を増やすメリット

✅社会保険の負担が増えない

✅控除を活用できる

✅経費が使える

副業で個人事業主として事業所得を稼いでも、社会保険料が増えることはありません。

そのため、副業でアルバイトやパートとして給与所得を増やすよりも、事業所得の方が手元に多くのお金を残せます

また、青色申告などの控除や経費を使うことで、節税も可能です。

こんたろう
こんたろう
会社員でも使える控除は使った方が良いんだにゃ!

まとめ:お金を貯めるなら目標設定と支出の見直しから

今回は、お金が貯まりやすい人の特徴とお金を貯めるためにすべき行動について解説しました。

収入から支出を引いたお金が貯金であり、大切なのは次の3つです。

貯金するために大切なこと

・支出を減らす
・収入を増やす
・節税をする

目標を設定せず漠然と貯金をしていては、モチベーションを保てません。

何のためにいくら貯金をするのか、大きな目標と小さな目標を明確に持ちましょう

また、支出の見直し、特に大きな固定費を徹底的に見直せば、高い効果が望めます。

まよた
まよた
下記画像の人生の6大支出を見直していない人は絶対に見直しましょう^^
大きな固定費の具体的な見直し方

①通信費(格安SIMを使う)
②光熱費(電気会社乗り換え)
③保険(不要な保険を解約する)
④家(家賃交渉する)
⑤交通費(車を手放す)
⑥税金(ふるさと納税を活用する)

さらに、「毎月自動引き落とし設定」をおこない、収入の一部を無かったことにする「なかったこと貯金」をおすすめしています。

多くの人が収入に比例して生活水準を上げてしまいがちですが、それではお金は貯まりません。

これからの日本は、金持ちはより金持ちに貧乏はより貧乏になっていきます。

金融広報中央委員会による家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」によると、30代で貯蓄がゼロの世帯の割合は約7世帯に1つです。

さらに貯金があっても投資をしない人がほとんどです。

これまでも、経済的自由を達成するために投資は必要不可欠だと伝えてきました。

しかし、多くの人は知らないか、知っていても行動していません。

例えば携帯代にしても、格安SIMに変えるだけで月々5,000円も支出を抑えられます。

MMD研究所による2021年3月通信サービスの利用動向調査」によると、格安SIMのシェア率は約20%です。

こんたろう
こんたろう
そんなに少ないのか…。
知って行動すれば確実に差が出るってことだにゃ!

ここまで「未来のために支出を見直して抑えよう」と伝えてきました。

しかし、今を楽しく生きることも心が豊かになる浪費も大切です。

つまりバランスが大事で、心が貧しくなるまで節約する必要もありません

一人ひとりが豊かだと思う人生を歩めるように、まよたは引き続きお金にまつわる情報も発信していきます。

まよた
まよた
これからも一緒に学んで豊かな人生を手に入れましょう^^
以上、まよたでした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です