まよた先生の雑学教室
゚・*:.。.☆毎週日曜日に更新しています☆.。.:*・゚
ライフハック

【人生論】便利道具:タイムバケットとは?『3つのメリットと作り方を解説』

こんたろう
こんたろう
いろいろチャレンジしてみたいんだけど、何を始めても長続きしないにゃ…
こんたろう
こんたろう
何かやる気を出すコツってないかにゃ…?
まよた
まよた
そんな時はタイムバケットを作ってみたらいいんじゃないかな^^

タイムバケットとは、

✅何か行動を起こしたいと思っている

×しかしモチベーションが湧いてこない

という人でも、やる気が出る素晴らしいツールです。

ドラえもんの「秘密道具」みたいな名前ですが、別に未来の道具ではありません(笑)

今回は、タイムバケットについて解説します。

タイムバケットに関する3つのこと

1.タイムバケットとは何か
2.タイムバケットを作る3つのメリット
3.タイムバケットを作る具体的手順

断言しますが、タイムバケットを作ることで「死ぬ直前になって、人生に後悔する可能性」は、間違いなく減ります。

今はまだ「自分が死ぬなんて考えたこともない」人が多いと思いますが、未だかつて死ななかった人間はいません。

死は、誰にでも必ず訪れる未来です。

タイムバケットを作って、精一杯悔いのない人生を送りましょう。

まよた
まよた
最後はタイムバケットに加えて、もう1つ人生の後悔を減らしてくれるツールも紹介します^^

タイムバケットとは


「死ぬまでに人生でやりたい100のことリスト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

英語では、このリストをBucket List(バケットリスト)と呼びます。

bucket(=バケツ)という言葉を使った熟語の中に「kick the bucket」というものがあります。

これは「死ぬ」という意味の熟語で、首つり自殺をする際に

・バケツ(bucket)の上に乗って
・首に縄を掛けて
・最期にバケツを蹴って(kick)自殺する

という状況から「kick the bucket = 死ぬ」という意味になったそうです。

この言葉が、さらに転じて「バケットリスト = 死ぬまでに人生でやりたいことリスト」になりました。

タイムバケットを題材にした映画は、いくつも撮影されていています。

その中でも、2007年のアメリカ映画「最高の人生の見つけ方(原題:The Bucket List)」はまさに名作中の名作、素晴らしい作品です。

ガンで余命6カ月を宣告された

👨大金持ちの豪腕実業家(ジャック・ニコルソン)
👮勤勉実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)

2人が「棺桶に入る前にやっておきたいことリスト」を携えて、

・スカイダイビングしたり
・スーパーカーをブッ飛ばしたり
・ピラミッドに登ったり

と、色々と無茶をするストーリーです。

「死について考えることは、人生について考えること」

バケットリストというツールは大きな共感を呼んで、日本でも「人生でしたい100のことを書くノート」というグッズも発売されています。

今回のメインテーマである「タイムバケット」は、バケットリストの進化系で、「Die With Zero(ゼロで死ね)」という書籍で紹介されていたツールです。

タイムバケットについては、図を見るのがわかりやすいので、以下の図をご覧ください。

人生を

・青年期
・中年期
・高齢期

と、各世代ごとに5年か10年区切りのバケツを用意して、その中に「やりたいこと」を記載したものがタイムバケットです。

まよた
まよた
次に、タイムバケットを作るメリットについて解説してきます^^

タイムバケットを作る3つのメリット


タイムバケットを作るメリットは3つです。

タイムバケットを作るメリット

メリット①:やりたいことが明確になって、適正なリスクをとれるようになる
メリット②:「やりたいこと」と「それをやるにふさわしい時期」がかみ合う
メリット③:行動を起こす意欲が湧く

メリット①:やりたいことが明確になって、適正なリスクを取れるようになる

まよたは、以前から

×リスクをひたすら避けるのではなく、

✅適正なリスクを取りましょう

と、発信し続けています。

この世の中に、リスクを取らずに大成功をおさめた人はいません。

まよた
まよた
「適正なリスクをとる」というテーマは、ユダヤ人の聖典・タルムードでも重要視されているテーマですね^^

リスクテイクの超大原則は、「自分が欲しいもの(リターン)を明確にする」ことです。

ざっくり,リスクテイクとは

危険性(損失が生じる可能性)があることを理解したうえでの行動のこと。

たとえば、現在30歳のAさんが

・ゆとりのある老後を送りたいと考えている
・65歳以降の老後資金は3,000万円必要だと見積もっている
・今から35年働けば、貯金だけで3,000万円貯まる
という状態だとします。
さて、Aさんにリスクをとった資産運用は必要でしょうか?

※インフレは無視します

この場合Aさんは、リスクをとる必要がありません。

なぜなら、自分の欲しいもの(= ゆとりある老後)が、リスクフリーで手に入るからです。

貯金だけで到達することが分かっているのに、50%もマイナスになる可能性がある株を買う必要はありません。

最近、この点を勘違いしている人が非常に多いです。

自分がどんな人生を手に入れたいかも分からないまま

🤑「ただただ、1円でも多くお金が欲しい」

という考えで、本来とらなくても良いリスクをとろうとしているのです。

✅欲しいものを手に入れるために

✅無数の選択肢の中から適正なリスクをとることは重要です。

ですが、

×欲しいものが分からないのに

×リスクを取る

というのは、「ありもしない財宝を求めて、危険なジャングルを彷徨う」ことと同じです。

欲しい財宝がないのなら、トラや毒蛇に襲われるジャングルの中を、一生懸命歩き回る必要はありません。

こんたろう
こんたろう
インディ・ジョーンズも、欲しいものがあるから危険を冒せるんだもんね(笑)

タイムバケットに「やりたいこと」を放り込んでみると、以下の2つがくっきりと区別できるはずです。

やりたいことの区別

✅リスクをとらなくても、このままいけば達成できるもの

✅リスクをとらない限り、絶対に達成しようがないもの(転職や結婚、離婚など)

ただのバケットリストと違って、タイムバケットは

・45歳で〇〇をやるためには
・40歳までにリスクをとって〇〇しておく必要がある

ということが明確になるので、先延ばしにしてしまう可能性がなくなります。

こんたろう
こんたろう
「リスクをとらない限り絶対に達成できないもの」を叶えた方が、人生は楽しいよねっ!
まよた
まよた
これを浮かび上がらせてくれるのが、タイムバケットというわけです^^

メリット②:「やりたいこと」と「それをやるにふさわしい時期」がかみ合う

やりたいことには、それをやるにふさわしい時期があります。

例えば、ボクシングの世界チャンピオンを目指そうと思った時に、

・50歳になってから目指す
・20歳のうちに目指す

どちらの方が達成できる可能性が高いかは、誰が見てもわかります。

従来のバケットリストは、歳をとって人生の残り時間がなくなってきた人が、受け身な使い方をしがちです。

×焦ってやりたいことを書き込んでいく

×慌てて、不満のある人生をどうにかしようともがく

×できそうなことだけ書く

こんたろう
こんたろう
要するに、追い詰められた結果の「受け身」の行動になっちゃうってことか。

一方でタイムバケットは、今の時点で「積極的」にスケジュールを組めるメリットがあります。

✅歳をとってからでもできること

✅若くないとできないこと

この2つを年代別のバケツにうまく配分することによって、「やりたいことをやりきれる可能性」がグンと高まるのです。

いつでも「今日が一番若い日」なのは間違いありません。

しかし、有利なタイミングが選べるなら、そのタイミングを上手に活かさない手はないですよね。

例えばまよたの場合、

「犬と猫を飼いたい」という項目に対しては

😄「少し田舎のほうが良いかな」

😄「体力がある若いうちの方が良いかな」

😄「家をリフォームした方が良いかな」

😄「介護等も考えると、40代前半には飼い始めたいな」

と考えることができます。

また、「映画をたくさん見たい」という項目に対しては、

😄「若いうちに見ることも学びの意味では良いな」

😄「でも、歳を取ってからでもできなくもないな」

😄「だったら他のことに積極的に時間を使おうかな」

と考えることができました。

そう考えることで、やりたいことをするタイミングが見えてくるのです。

メリット③:行動を起こす意欲が湧く

人間、いつ死ぬか分かりません。

とある調査によると「自分の死ぬ日を知りたいですか?」という質問に対して、1,000人のうち960人程が「No」と答えたそうです。

👤いつ死ぬかは分からない
👤分かったとしても、知りたくない

「死」というのは、そういうものです。

そのため、多くの人は無意識のうちに、自分の死を「さしあたり発生しないもの」として生きています。

こんたろう
こんたろう
いつも「死」を意識していたら、楽しい毎日なんて送れないよにゃ(笑)
まよた
まよた
だから、つい時間を無駄にしてしまう人も多いんだよね^^;

やりたいことを100個書いたとしても、期限を設けず、

😯「いつかやれる」

😯「そのうちできる」

と考えていると、ある日突然、人生の終わりが来てしまうかもしれません。

そのうちやろうと思っていることは、やらないのが人間です。

「明日やろうはバカ野郎」という言葉もありますが、先延ばしにしているうちに人生は終わってしまいます。

しかし、タイムバケットを実際に作ってみると、以下のような状態であることに気づくはずです。

✅若い時にやりたいことが集中していて、

×90歳になった時には何を入れたら良いか分からない

そのため、タイムバケットを作ることで

😄「今を大切にしよう」

😄「そして行動しよう」

と思うのです。

30歳~34歳でやりたいことのバケツにやるべきことを書けば、少なくとも34歳をいったんの「終わり」として意識できます。

だから自分が死ぬタイミングが分からなくても、先延ばしにすることがなくなるのです。

まよた
まよた
期限を設定して目標を立てることの有効性は、色々なところで証明されています^^

また、

👤「60歳で、会社を辞めたタイミングでエベレストに登頂したい」

などの具体的な計画を作ることで、同じ価値観を持つ仲間も見つかります。

仲間が見つかれば、行動を起こす意欲に繋がりますよね。

先ほど紹介した映画「最高の人生の見つけ方」のように、やりたいことの中には

😄「一人でやるよりも、誰かとやった方が楽しい(誰かと一緒にやらないと意味がない)」

ということがあるからです。

例えば、皆さんが「両親をマチュ・ピチュに連れていきたい」と考えたときに、それを叶えるのは皆さんが70歳になってからでは手遅れだと気づくはずです。

だから、タイムバケットを作ることで

😄「よし、自分が35歳・親が60歳の時にやっておこう」

と、考えられるのです。

タイムバケットを作ろうとすると

×自分の年齢だけではなく、

✅自分の家族、友人の年齢も意識するはずです。

だからこそ

・人生は有限であること
・やりたいことを一緒にできる大切な人

を意識して、どんどんやる気が高まっていくのです。

わたしも、もともと「やりたいことリスト」を作ってきましたが、「タイムバケットの方がもっと良い」と感じています。

なので、皆さんもぜひ作ってみてください^^

「あなたは作らなくて良いと思うよ!」と伝えてあげられるのは、絶対に死なない自信がある人だけです。

まよた
まよた
最後に、タイムバケットの作り方を解説して終わりにします^^

タイムバケットの作り方


タイムバケットの作り方は非常に簡単で、たったの2ステップです。

タイムバケットの作り方

ステップ①:やりたいことリストを作る
ステップ②:ステップ①で書いたやりたいことを、年齢別のバケツに放り込んでいく

年齢別のバケツは、5年 or 10年区切りがおすすめです。

最後の年齢については、

・健康寿命を目安に80歳前後
・人生100年時代に倣って100歳

など、なんでも問題ありません。

いずれにせよ、やりたいことが特定の年代(30~50歳ぐらい)に偏ると思います。

100歳のバケツに、「やりたいこと」はたくさん入りません。

それを「絵」で表現するだけで、人生が有限であることに気づくでしょう。

こんたろう
こんたろう
そっか、20〜30歳の健康状態や人間関係で寿命を迎えられるわけでもにゃいのか…

タイムバケット作成時には、3つのポイントがあります。

タイムバケット作成時のポイント

1.完璧なリストである必要はない
2.お金のことは考えない
3.大切な人に見てもらう

① 完璧なリストである必要はない

やりたいことは100個も書かなくて大丈夫です。

・通勤中
・仕事中
・食事中
・夜のベッドの中

気がついた時に、スマホのメモ帳などに書いていきましょう。

✅書いたものを消したり、

✅後で追加しても、

一切問題ありません。

いくらでも修正して良いのです。

現時点で、心の赴くままに書いていきましょう。

まよた
まよた
わたしもよくスマホのメモ帳に書いています^^

② お金のことは考えない

お金のことを考えると、やりたいことリストの「ワクワク感」が消えてしまいます。

「もし、自分がお金のことを心配しなくて良いのなら…」という前提で、どんどんやりたいことを書いていきましょう。

後で具体的な実行プランを考えた時に、「このままだとお金が足りない!」と思ったら、

✅そこではじめてお金を工面する方法を考えれば良く、

✅必要ならリスクを取れば良いだけです。

こんたろう
こんたろう
人生で「本当にやりたいこと」のためにお金を稼ぐって、最高に楽しいね!

③ 大切な人に見てもらう

タイムバケットが完成したら、家族や友人など大切な人に、タイムバケットを見せてみましょう。

全部でも、一部でも構いません。

皆さんの価値観を深く理解してもらえるツールになりますし、共通点があれば盛り上がるきっかけになるはずです。

仲間がいれば、やりたいことをやれる可能性は飛躍的に高まります。

ちなみに、まよたのやりたいことリスト(一部)は次の通りです。※✅ は達成済み

・✅ヒッチハイクをする
・✅子供を持つ
・✅外国人と友達になる
・✅フルマラソンに参加する
・友達複数人でハワイに行く
・親とたくさん話す(=父と母に人生のやりたいことを聞く)
・親孝行をする
・寝台列車の旅
・日本全国おいしいもの食べ歩きの旅etc…

社会人になると気の合う仲間を作るのは、なかなか難しくなります。

もし、「今すぐにでも行動を起こしてみよう!」と思った人がいたら

・20歳~40歳
・41歳~60歳
・61歳~80歳

この3つのバケツに「やりたいこと」をそれぞれ1つずつ入れてみてください^^

まとめ:「タイムバケット」を作って、人生で本当にやりたいことを実現しよう


今回は、

✅何か行動を起こさなきゃと思っている

×だけど、いまいちモチベーションが湧いてこない

という人のために「タイムバケット」というツールを紹介しました。

タイムバケットは、人生でやりたい100のこと(バケットリスト)を、年代別に分けたバケツに放り込んだものです。


タイムバケットを作ると、3つのメリットがあります。

タイムバケットを作るメリット

メリット①:やりたいことが明確になって、適正なリスクをとれるようになる
メリット②:「やりたいこと」と「それをやるにふさわしい時期」がかみ合う
メリット③:行動を起こす意欲が湧く

「やりたいことが明確になって、適正なリスクをとれるようになる」というメリットは、資産形成の観点からも特に重要です。

自分の欲しいリターンが分からない人に、適正なリスクをとることはできません。

「とにかく1円でも多く欲しい」という考えで投資を行うと、お金を失って終わりを迎えることもあります。

まよた
まよた
目まぐるしく変わる投資の世界で、他人の情報に流されて溺れてしまいます^^;

最後に1つ、人生の後悔を減らす素晴らしいツールを紹介します。

それは相続リストです。

相続リストと聞くと、

😧「私には資産がないから、相続なんて関係ない」

😧「若いうちから、死ぬことなんて考えたくない」

という人もいると思います。

しかし、相続リストを作ると、今をより楽しく生きることができます。

つまり、後ろ向きな意味ではなく、前向きな意味で作るのです。

若いからこそ、資産がなくても死を意識することで、後悔しない人生を歩むことができます。

例えば、自分が明日死ぬと仮定して、自分の資産を誰にいくら残すのかを考えてみてください。

当然自分は使えないのでゼロですが、いろいろ考えが出てくると思います。

・100万円は両親にあげたい
・100万円は姉妹にあげたい
・〇〇に寄付をしたい
・あの子に使って欲しい etc…

そして、そこには必ずメッセージや意味があるはずです。

・父には本当にお世話になった。感謝しかない。体を労ってあげて欲しい
・母にはこのお金でたまには良いご飯を食べたり、旅行に行ってくれたら嬉しい
・自分のお金で世の中がこんな風に良くなれば嬉しい
・お世話になったあの人が使ってくれたら嬉しい

こんたろう
こんたろう
いろんなこと考えちゃうにゃ…
まよた
まよた
そこで「それは死んでからじゃないとできないのか?」って考えてみて欲しいんだ^^

あくまでも「自分が死んだ場合の話」の相続リストであることは理解しています。

ですが、今できることもあるはずですし、

・少しでも
・少額でも

今やった方が良いこともあるはずです。

別に自分が死んでからやる必要はありません。

今からでもできること

・両親に感謝を伝える
・兄弟家族友達に何かお礼をする
・お世話になった人にご飯をごちそうしたり、感謝を伝える
・世の中に寄付をする

全ての資産を手放しましょうと言っているわけではありません。

・自分は一体何のために資産を作ろうとしているのか?
・自分が本当に人生で大切にしていることは何なのか?
・自分が本当にやりたいことは何なのか?

を見つめ直すきっかけにして欲しいのです。

生きている中で、つい忘れがちになる大事なことを忘れないようにしましょう。

今ある全てのものは、そこに存在するのが当たり前ではありません。

そう意識することで、生が輝きます。

わたしも、バケットリストを作ってやりたいことを実現してきました。

皆さんも、やりたいことをしっかりと見据えて、1つ1つ実現していきましょう。

やりたいことを実現する方法

✅リスクをとらなくても実現できるなら、リスクはとらない

✅リスクをとらないと実現できないなら、適正なリスクをとる

✅やるべきことを、それをやるにふさわしい時期にやる

✅仲間を見つけて、一緒に取り組む

もしも皆さんが、

・毎日の通勤、仕事
・毎日の家事、育児

など日々の忙しさに追われて、「自分の人生で本当にやりたいこと」をじっくり考える暇もないまま人生を送っているとしたら、実は皆さんの「心」は、悲鳴をあげているかもしれません。

10分でも良いので、ぜひ一度立ち止まって、やりたいことを考えてみてください。

タイムバケットを作って、人生を豊かなものにしましょう。

まよた
まよた
一度きりの人生です。後悔のない選択をしてください^^
こんたろう
こんたろう
僕もタイムバケット を作ってみるにゃ!
まよた
まよた
以上、まよたでした!

twitterでも情報を発信中です!
ぜひフォローしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です